最終更新日
育毛剤でカラーやパーマが落ちる!?

トップページ > 女性の薄毛を探る > 女性薄毛と冷え性

女性薄毛と冷え性

女性で薄毛になっている人は冷え性・低体温の人に多いといわれています。
女性に多く見られる冷え性の影響は、頭皮や血管や血液の循環などに影響し、抜け毛の進行や、育毛不良の原因となっていると言われています。
冷え性は、生理不順や更年期障害など、女性特有の婦人科系の病気にも影響を与え、ホルモンのバランスを崩す原因となり、このことが女性の抜け毛の原因にもなっています。


〜冷え性の症状〜

冷えの症状としては、手足の冷えなどの体の末端の冷えに伴い、肌荒れ・生理痛・生理不順・頭痛・めまい・腹痛・体のだるさ・不眠などがあります。

冷え性は血行不良により起こり、全身の血行不良は、頭皮の血行不良にもつながります。
頭皮の血行不良により、毛根に十分な栄養分が行き渡らなくなるため、髪が抜けやすくなります。
特に頭皮は、他の場所と比べても血液の循環が悪く、生理機能が低下しやすい部分となります。

冷え性や低体温が毛髪に及ぼす影響は、抜け毛・薄毛・細毛・縮毛・クセ毛となってあらわれてきます。
健康な髪を育てるためにも、冷え性・低体温を解消することは大切です。

薄毛・抜け毛の対策としては、半身浴や足湯等で冷えを取る、適度なスポーツで血行をよくする、保温のために下半身、特に足元に重ね履きをするなどが冷えを改善でき、有効です。

また食生活については、温かいものや生姜やねぎ、ニラ、唐辛子など、体を温める食物を多めにとるのも薄毛・抜け毛の対策として効果的です。
その他に血行を改善する経絡指圧やマッサージなどで育毛効果は上がります。

冷え性が改善されるということは、血行の流れが良くなり、頭皮に流れる血液の量も増えて毛母細胞にしっかりと栄養を与えられるということになります。
冷え性は毛髪だけではなく、身体にも悪影響を及ぼすので、食生活の改善や、適度な運動などで 体質を改善させていく必要があります。


薄毛女性のための『薄毛スタディ』