最終更新日
育毛剤でカラーやパーマが落ちる!?

トップページ > 女性の薄毛を探る > 女性薄毛とホルモンの関係

女性薄毛とホルモンの関係

女性ホルモンと髪の間には、切っても切れない深い関係があります。
発毛に影響を及ぼすホルモンに、「アンドロゲン」という男性ホルモンと「エストロゲン」という女性ホルモンがあります。
男性ホルモンのアンドロゲンという物質は、側頭部の発毛に影響を与えています。女性ホルモンのエストロゲンは、頭頂部に丸く広く作用しているのです。
男性にも女性の約半分の女性ホルモンがあり、女性にも男性の約10分の1の男性ホルモンがあります。
エストロゲンは女性らしさを形成するホルモンで、女性らしい身体つきにする、子宮を発達させる、コレステロールの増加をおさえる、という働きがあります。
毛髪に関して言えば、毛髪を発達させ、毛髪の成長期を持続させる、という働きがあります。
つまり、成長した髪の毛を保存するという役目を果たしており、毛髪に強い影響を与えているのが、エストロンです。
女性の場合、年齢を重ねていくと、頭髪が全体的に薄くなるという傾向がありますが、これは、毛髪の成長期を持続させる働きを持つ、エストロゲンが減少することにより、引き起こされていると言われています。

ところで、女性の場合、人生の中で初潮、妊娠、出産、閉経等の出来事を経験します。これらは、全て女性ホルモンが大きく関係してきます。
妊娠、出産の前後には、ホルモン量がかなり変動します。男性と比べて、女性はホルモンの変動がかなり大きいのです。
女性ホルモンが急激に減ってくる40代後半から50代にかけては閉経を経験します。
ホルモンの減少で、抜け毛が多くなり薄毛の原因となることもあります。

また、結婚や子育て、親の介護等、女性の肩に大きく重くのしかかって来る出来事は、ストレスとなり薄毛の原因となることもあります。疲労やストレスが、ホルモンバランスを狂わせ、抜け毛に繋がっていくのです。

薄毛の女性は男性ホルモンが多い?

薄毛で悩む女性の人は男性ホルモンが多いと言われますが、少なからずこれは関係しています。
しかしこの男性ホルモンが多いから薄毛になるというわけではありません。
男性にだけ、ひげや胸毛があることからも分かるように、男性ホルモンは本来、体毛の発育を促す働きがあります。
しかし、前頭部や頭頂部にのみ、脱毛を起こす方向で働いているのです。

毛根の周囲には毛細血管が張りめぐらされています。
血液中には男性ホルモンも含まれていますから、男性ホルモンは毛乳頭の細胞に取り込まれます。
男性型脱毛症に関しましては前頭部や頭頂部の毛髪は男性ホルモンによって発育が抑えられやすいといわれています。

人により、微妙な違いはあるものの、初めは前頭部か頭頂部からしだいに薄くなっていくケースが多いようです。
側頭部や後頭部は薄毛になりにくく、中央部近辺はかなり地肌が透けてみえるような状態になった人でさえ、側頭部や後頭部は黒々として毛髪が残っている人が多いです。
前頭部や頭頂部に頭髪の男性ホルモンの感受性によるものといわれています。

.

女性の薄毛対策 総合ランキング発表!

M-1毛髪ミスト 商品名 M-1毛髪ミスト 価格/量 9,800円 / 200ml

妊娠中、授乳中に使える育毛剤はM-1毛髪ミストだけ。化学薬品無添加ですから、脱毛症のタイプを問わず、副作用の心配もなく使えます。頭皮環境の改善、薄毛対策に

M-1毛髪ミストの詳細はこちら
ウルオッテ 商品名 ウルオッテ 価格/量 2,520円 / 260ml

なめらかな洗い心地のアミノ酸シャンプー。髪1本1本をコートするホホバオイルや16種類の生薬を配合し、頭皮をケアしながらやさしく洗い上げます。

ウルオッテの詳細はこちら
ヴェフラ 商品名 ヴェフラ 価格/量 2,940円 / 350ml

薄毛や細毛が気になり始めた女性のための薬用アミノ酸シャンプー。毛穴の汚れを除去し、潤いを与えながら健康な髪を育てるサポートをします。

ヴェフラの詳細はこちら

薄毛女性のための『薄毛スタディ』