最終更新日
育毛剤でカラーやパーマが落ちる!?

トップページ > 女性の薄毛を探る 

女性の薄毛を探る

女性の薄毛の原因をいろいろな角度から探ってみます。
普段となにも変わらない生活、シャンプーや整髪料も変えてない、なのになぜ薄毛になるの?
加齢だけじゃない薄毛の原因を探ってみましょう。

現在、薄毛で悩む人数は、日本国内に約1600万人いると言われています。そのうち、600万人が女性と言われています。計算してみると、日本人女性の10人に1人が薄毛で悩んでいることになります。

女性の薄毛対策として出来ることを、いくつかご紹介いたします。

薄毛が気になりはじめたら、自分だけであまり悩みこんでしまうのは、髪の毛にとって悪循環になってしまいす。そういった悪循環に陥って、髪のことでコンプレックスになってしまい、精神的にも悪い影響を受けてしまいます。

女性ホルモンと髪の間には、切っても切れない深い関係があります。
発毛に影響を及ぼすホルモンに、「アンドロゲン」という男性ホルモンと「エストロゲン」という女性ホルモンがあります。

ストレスは体にさまざまな悪影響を及ぼしますが、髪においても同様です。
たとえば、イライラするたびに、血が頭にのぼるため、頭皮の毛細血管に古い血が溜まりやすくなり、 これが酸素を運ぶ機能を低下させます。

女性の薄毛の改善法としての項目を紹介していきます。薄毛の予防の対策や、改善方法として参考にしてみてください。

近年、男女にかかわらず、薄毛で悩む人は増えてきています。
薄毛の原因は様々で、生活習慣なども大きく関係していると言われておりますが、そもそも男性と女性では薄毛になる原因、進行の仕方が違っているのです。

ダイエットをしたことのない女性はいないのではないかと思うほど、女性はダイエットが好きです。 どうしてダイエットと薄毛が関係あるのかと、一瞬疑問に感じた人もあることでしょう。

男性、女性問わず薄毛にとって大きく関係があると言えます。
食生活の中でもいちばん影響しているのが「食生活の欧米化」といえます。

女性の薄毛の原因として、喫煙があげられます。
禁煙をすることにより、薄毛の原因の一つがなくなることになり、薄毛解消の一つとなります。

抜け毛とアルコールの関係というのは意外と知られていませんが、適量を間違うとアルコールも薄毛を引き起こす原因となります。

女性の薄毛の対策と予防に1番大事なのが、規則正しい生活が基本となります。
生活習慣を改善することによって、健康な髪を作ることが出来、美しい髪を維持していくことができ、女性の薄毛の予防になります。

紫外線は髪や頭皮にも降り注ぎ、年齢に関係なく起きる「光老化」につながります。
ダメージヘアだけでなく、抜け毛・薄毛・白髪を引き起こす原因になることもあります。

女性で薄毛になっている人は冷え性・低体温の人に多いといわれています。
女性に多く見られる冷え性の影響は、頭皮や血管や血液の循環などに影響し、抜け毛の進行や、育毛不良の原因となっていると言われています。

薄毛を治すには体質を改善しなくてはなりません。
薄毛体質を発毛体質に変えていくことが重要になります。

女性が薄毛になる原因のひとつに、『睡眠不足』が挙げられます。
睡眠不足、睡眠時間は十分に取れていても目覚めが良くない、疲れが取れていないなど当てはまる場合、薄毛を改善する為には、睡眠の質を改善する必要があります。

薄毛になりはじめると、パーマをかけはじめる人が増えます。
なぜなら、ボリュームが出るからです。

ヘアカラーリング剤は皮膚に刺激を与えます。美容師さんが必ず手袋をしているのが、その証拠になります。

女性は歳をとると女性ホルモンが低下し、頭皮が衰えます。
頭皮が衰えると、血の巡りも悪くなったり、髪の生え変わるサイクルが狂ったりと髪全体のボリュームが低下する事になり、頭皮環境の乱れが育毛サイクルの悪循環を生む事となるのです。


薄毛女性のための『薄毛スタディ』