最終更新日
育毛剤でカラーやパーマが落ちる!?

トップページ > 女性の薄毛を探る > 女性薄毛と食生活

女性薄毛と食生活

男性、女性問わず薄毛にとって大きく関係があると言えます。

食生活の中でもいちばん影響しているのが「食生活の欧米化」といえます。

外食、ファーストフードばかりの生活になっていませんか?
薄毛の原因として、食生活があげられますが、その中でも肉類中心の食生活にかたよっているということがあげられます。肉類は脂肪分がおおいので、コレステロールを溜めやすくしてしまいます。

肉類には「動物性たんぱく質」という栄養分が含まれています。
髪の毛を作る成分もたんぱく質ですし、もちろんたんぱく質という人間が生きていくうえで必要な栄養分が含まれています。
しかし、こればかりとりすぎるというのは薄毛を引き起こす大きな要因となっています。
もちろん欧米と日本では、生活文化が違いますし、食文化も違います。
欧米人と日本人では体の作りが違うのです。有名な話では、腸の長さが1mぐらい違うという話もあります。

日本人は元来「農耕民族」ですから欧米人ほどの「動物性たんぱく質」は不要です。
食生活が欧米化してくるとどうしても体に支障がでてくるのは当然です。
そのひとつが薄毛につながってくるということです。

それと、あまり塩分ばかりとるのもよくないでしょう。
塩分は動脈硬化の原因となります。動脈硬化は老化を早めることになります。
老化がすすめば当然薄毛の進行を早めます。
しかし髪の毛の主成分はケラチンというたんぱく質からできています。
たんぱく質が不足することによって髪が細くなったり、弱くなったりして薄毛を引き起こさせます。
良質のよいたんぱく質をバランスよくとることが必要になってきます。

また、ビタミンやミネラルは、たくさんの種類がありますので、同じような食事内容を何回も繰り返さないようにして、なるべくたくさんの種類の食品を食べることを意識すればいいでしょう。
栄養のバランスが悪くなればなるほど薄毛の原因につながっているといえるでしょう。

<たんぱく質が多く含まれている食べ物>
・肉類
・魚介類
・卵類
・大豆製品(納豆など)
・乳製品(牛乳・ヨーグルト・チーズなど)

<ビタミンAが含まれている食べ物>
・うなぎ
・レバー
・チーズ
・にんじん

<ビタミンCが含まれている食べ物>
・いちご
・緑黄色野菜
・イモ類

<ビタミンEが含まれている食べ物>
・植物油
・かぼちゃ
・ほうれん草
などがあげられます。
まずは食生活から改善していくとよいでしょう。


女性薄毛の原因としていくつか考えられますがひとつわかっていてほしいことが女性の薄毛で悩んでいる人は全国に600万以上いるということです。
これは10人にひとりは薄毛で悩んでいるということになります。
これは今現在も増加し続けています。
改善できるところから改善していきましょう。

.

女性の薄毛対策 総合ランキング発表!

M-1毛髪ミスト 商品名 M-1毛髪ミスト 価格/量 9,800円 / 200ml

妊娠中、授乳中に使える育毛剤はM-1毛髪ミストだけ。化学薬品無添加ですから、脱毛症のタイプを問わず、副作用の心配もなく使えます。頭皮環境の改善、薄毛対策に

M-1毛髪ミストの詳細はこちら
ウルオッテ 商品名 ウルオッテ 価格/量 2,520円 / 260ml

なめらかな洗い心地のアミノ酸シャンプー。髪1本1本をコートするホホバオイルや16種類の生薬を配合し、頭皮をケアしながらやさしく洗い上げます。

ウルオッテの詳細はこちら
ヴェフラ 商品名 ヴェフラ 価格/量 2,940円 / 350ml

薄毛や細毛が気になり始めた女性のための薬用アミノ酸シャンプー。毛穴の汚れを除去し、潤いを与えながら健康な髪を育てるサポートをします。

ヴェフラの詳細はこちら

薄毛女性のための『薄毛スタディ』