最終更新日
育毛剤でカラーやパーマが落ちる!?

トップページ > 女性の薄毛と傾向 > アトピー性皮膚炎による薄毛

アトピー性皮膚炎による薄毛

アトピー性皮膚炎の炎症によって、髪の毛や眉毛が脱けるというケースがあります。
「アトピーだから脱ける」というわけではなく、アトピーの強い痒みによる掻き壊しが抜け毛を招きます。

頭皮のアトピーは薬をつけるのも難しいですし、薬をつけたからといって治るわけでもなく、かえって皮膚代謝を妨げ育毛や発毛の邪魔をします。
頭皮のアトピーにはローションタイプのステロイド外用薬が処方されるケースが多いですが、フケのように目立つ落屑が薄毛とともにコンプレックスという方が多いです。

アトピー性皮膚炎による薄毛の解決法は、まずアトピー自体を治すことが先決ですが、アトピー治療はステロイドやプロトピックなどの免疫抑制剤による対処療法しか見出されておらず、八方塞がりなのが現状です。

対策として、頭皮にやさしいアミノ酸系のシャンプーを使う、もしくはシャンプーを使わずに髪を洗うなど、頭皮に刺激を与えないことがアトピー性皮膚炎による薄毛の対策となります。

.

アトピーでも使える!頭皮環境を改善し、正常な代謝へ導きます。

薬が入った育毛剤はアトピーにはNGです。M-1ならアトピー部分についても大丈夫!

M-1毛髪ミスト 商品名 M-1毛髪ミスト 価格/量 9,800円 / 200ml

アトピーの炎症が強い部分は、一時的に乾燥が強くなるほど頭皮の代謝に反応がみられます。まずは頭皮のターンオーバーを正常にすることが大切です。

M-1毛髪ミストの詳細はこちら

アトピーの方はアミノ酸系シャンプを。 頭皮にやさしいです。

●洗う アミノ酸系のシャンプー一覧はこちら


薄毛女性のための『薄毛スタディ』