最終更新日
育毛剤でカラーやパーマが落ちる!?

トップページ > 女性の薄毛と傾向 > 薬の副作用による薄毛

薬の副作用による薄毛

薄毛になる原因の一つに、薬の副作用も挙げられます。
例えば抗癌剤があります。

抗癌剤はガン細胞を殺す目的で使われますが、ただ単にガンの細胞だけを選んで殺しているわけではないようです。
実際には、分裂の早い細胞を殺すように開発されています。
毛根の細胞分裂はガン細胞の細胞分裂よりも早いため、当然抗がん剤の影響を受けます。
その結果、毛根の細胞が殺されてしまい、脱毛が引き起こされます。

ガン細胞は急速に分裂して成長するため、成長の速い細胞を殺すように作られています。
その為、健康な細胞の中で細胞分裂の速い "骨髄で造られる血液細胞、消化器の細胞、生殖器の細胞、口腔粘膜、胃腸粘膜、毛根細胞等” も抗ガン剤の影響を受けてしまいます。
脱毛はよくある副作用ですが必ず起きるというものではないようです。
使用する薬によっても症状が違い、主治医は脱毛が起きやすいかどうか教えてくれるでしょう。
同じ薬でも人によって脱毛の程度は違っています。
薄くなる程度の脱毛から、完全に抜けてしまうまで様々です。
必ず必要というものではありませんが、精神的負担を軽減するという点から、かつらを準備されるのも良いでしょう。
脱毛はすぐには起きません。 普通は抗ガン剤が数回投与されてから始まります。徐々に抜け始める場合や、ごそっと抜ける場合もあります。

多くは、抗ガン剤を投与してから2〜3週間後に始まるようです。
その後抜けはじめると1〜2週間くらいでかなりの量が抜けてしまいます。
髪は、頭皮の近いところで抜けるので、頭皮が痛くなる事もあります。
治療中に新しく生えてくる毛は枝毛になっていたりしてパサパサしているようです。

頭髪に限らず他の部分(まゆ毛・まつ毛・体毛など)でも起きます。
部分的であったり、まばらに脱毛したり、全体に脱毛してしまったり状態も様々です。

抗ガン剤治療を受けているときには、頭皮もデリケートになっています。
爪で掻くようなシャンプーの仕方はせず、やさしく指の腹を使って洗ったりして気を配りましょう。

治療後は3〜6ヵ月位から生えてきます。
スタイルを整えられるようになるには さらに時間がかかります。
産毛のような柔らかい髪が生えることもあります。
元の髪質とは異なった毛が生えてくることもありますが数年でほぼ元の髪質に戻るようです。

.

シャンプーを変えてみたけど反応がない...。そんな方へは

頭皮の健康状態に着目して下さい。脱毛症タイプを問わず使えます!

M-1毛髪ミスト 商品名 M-1毛髪ミスト 価格/量 9,800円 / 200ml

妊娠中、授乳中に使える育毛剤はM-1毛髪ミストだけ。化学薬品無添加ですから、脱毛症のタイプを問わず、副作用の心配もなく使えます。頭皮環境の改善、薄毛対策に

M-1毛髪ミストの詳細はこちら

頭皮が喜ぶスペシャルケア  『薬が入った育毛剤を使う前にできること』

薬が入った育毛剤を使う前にできること

1年前、半年前と比べて髪のボリュームが減ってきた、髪の毛1本1本が痩せてきた(毛痩せ)、ペタッとしてフワフワした感じがない、ストレートヘアが苦手になってきた、白髪が出てきた、薄毛に悩み始める女性のお悩みはこんなケースが多いです。 薬が入った育毛剤をいきなり試す前に、まずは頭皮を優しく洗い、整えることから初めてみませんか?
頭皮ケアを1ヶ月以上続けることで、根元から立ち上がるコシのある髪へと変化してきます!
●洗う アミノ酸系のシャンプー一覧はこちら
●整える 薬が入っていない育毛ミスト「M-1毛髪ミスト」


薄毛女性のための『薄毛スタディ』