最終更新日
育毛剤でカラーやパーマが落ちる!?

トップページ > 女性の薄毛と傾向 > 女性型脱毛症

女性型脱毛症

女性型脱毛症は、男性型脱毛症のように髪の生え際や天頂部が薄くなるといった局所的な脱毛症とは異なり、頭部全体の髪が全体的に薄くなってしまうのが特徴です。

一般的には、30代後半以降の女性によくみられます。
全体的な髪のボリュームが減るために、髪を分けるようなヘアスタイルをすると頭皮の地肌が透けて見えるようになります。
年配の女性の方から発毛・育毛でご相談をお受けすることも多いのですが、そういった方の脱毛症のケースはそのほとんどが女性型脱毛症の症状を訴える事が多いです。

女性の方は特に髪型や髪質にこだわりを持っていますから、潜在的にお悩みの方も多い脱毛症の一つではないかと思います。
女性型脱毛症の主な原因は、老化、ストレス、極端なダイエット、経口避妊薬(ピル)、過度のヘアケアなどが挙げられます。

加齢による薄毛や抜け毛というものは、体質の違いや男性・女性といった区別なく、誰しもが一律になるものであり、その症状を著しく緩和する有効な術はありませんので、必要以上に薄くならないように、若いうちから適切なケアを施し、老化に対応できるよう予防することが大切です。

常にストレスを感じる環境に身を置いていたりすると発症する場合があるようです。
いずれにせよ過度のストレスは、円形脱毛症や男性型の脱毛症に似た症状を引き起こすことがありますので、上手にストレスを発散させる方法を探すことは大切なことです。

そして女性型の脱毛症の中で最近比率が多くなってきたのは、ダイエットが原因となっている脱毛症のケースです。
過度のダイエットを行うと、肉体を維持するために必要な栄養素が圧倒的に不足してしまいます。
そして、生命維持に必要な脳や内臓、筋骨といった部分に摂取エネルギーの全てを最優先で回すために、付属器官である毛髪には充分な栄養が行き渡らず、 結果として毛髪サイクルが異常をきたし、髪が抜けたり細くなったりして抜け毛や薄毛に繋がります。

経口避妊薬(ピル)に関しては、プロゲステロンという女性ホルモンの一種が使用されている為、毛髪の生成に少なからず影響を及ぼします。
一定期間服用した後で使用を中止すると、一時的にびまん性脱毛を起こす事があります。

最後に過度のヘアケアによる脱毛ですが、これは髪に過剰に神経質な方や、潔癖症の方に多く見られ、比較的若い女性が陥りやすい傾向があります。
キレイを求める余り、逆に髪と地肌を痛めるようではよくありません。

.

シャンプーを変えてみたけど反応がない...。そんな方へは

頭皮の健康状態に着目して下さい。脱毛症タイプを問わず使えます!

M-1毛髪ミスト 商品名 M-1毛髪ミスト 価格/量 9,800円 / 200ml

妊娠中、授乳中に使える育毛剤はM-1毛髪ミストだけ。化学薬品無添加ですから、脱毛症のタイプを問わず、副作用の心配もなく使えます。頭皮環境の改善、薄毛対策に

M-1毛髪ミストの詳細はこちら

頭皮が喜ぶスペシャルケア  『薬が入った育毛剤を使う前にできること』

薬が入った育毛剤を使う前にできること

1年前、半年前と比べて髪のボリュームが減ってきた、髪の毛1本1本が痩せてきた(毛痩せ)、ペタッとしてフワフワした感じがない、ストレートヘアが苦手になってきた、白髪が出てきた、薄毛に悩み始める女性のお悩みはこんなケースが多いです。 薬が入った育毛剤をいきなり試す前に、まずは頭皮を優しく洗い、整えることから初めてみませんか?
頭皮ケアを1ヶ月以上続けることで、根元から立ち上がるコシのある髪へと変化してきます!
●洗う アミノ酸系のシャンプー一覧はこちら
●整える 薬が入っていない育毛ミスト「M-1毛髪ミスト」


薄毛女性のための『薄毛スタディ』