最終更新日
育毛剤でカラーやパーマが落ちる!?

トップページ > 女性の薄毛と傾向 > 妊娠・出産による薄毛

妊娠・出産による薄毛

女性の薄毛の原因になるのが、妊娠や出産、さらに更年期などによるホルモン量の変化です。
薄毛とホルモンに関係があるのは、男性も女性も同じようです。

しかし女性の場合はホルモン量が大きく変化する要因がいくつかあります。
妊娠から出産期は、女性ホルモンのエストロゲンの量に変化が起こる時期の一つになります。
エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれる女性ホルモンですが、子宮内膜を厚くして精子が着床しやすい状態をつくる働きがあり、着床後も妊娠を維持するために大量に分泌されます。
この時期の女性は、大量のエストロゲンによってヘアサイクルが引き延ばされたような状態になります。

しかし、出産後には妊娠維持の必要がなくなるため、エストロゲンの分泌量が通常の状態に戻り、個人差はありますがだいたい2から5ヶ月程度の周期にわたって急激に大量の抜け毛が発生します。
これは女性ホルモンの分泌量の変化によるものなので、脱毛後の数ヶ月で脱毛が減って新しい毛髪が生えてきます。
妊娠・出産による毛髪量の変化は、出産後約1年で元の状態に戻るとされています。

女性の場合、最終的にエストロゲンの分泌がなくなってくるので、個人差はあるにしろ毛髪が次第に減っていくのは仕方のないことなのかもしれません。
しかし、エストロゲン不足を補えるタイプの育毛剤や育毛シャンプーを選んだり、規則正しい生活や食生活、ストレスを溜め込まないように気をつけたりすることにより、薄毛の予防や改善は可能です。

女性にとって大切な髪の毛を美しく保っていくためにも、日々のヘアケアは続けていくことがよいでしょう。

.

シャンプーを変えてみたけど反応がない...。そんな方へは

頭皮の健康状態に着目して下さい。脱毛症タイプを問わず使えます!

M-1毛髪ミスト 商品名 M-1毛髪ミスト 価格/量 9,800円 / 200ml

妊娠中、授乳中に使える育毛剤はM-1毛髪ミストだけ。化学薬品無添加ですから、脱毛症のタイプを問わず、副作用の心配もなく使えます。頭皮環境の改善、薄毛対策に

M-1毛髪ミストの詳細はこちら

頭皮が喜ぶスペシャルケア  『薬が入った育毛剤を使う前にできること』

薬が入った育毛剤を使う前にできること

1年前、半年前と比べて髪のボリュームが減ってきた、髪の毛1本1本が痩せてきた(毛痩せ)、ペタッとしてフワフワした感じがない、ストレートヘアが苦手になってきた、白髪が出てきた、薄毛に悩み始める女性のお悩みはこんなケースが多いです。 薬が入った育毛剤をいきなり試す前に、まずは頭皮を優しく洗い、整えることから初めてみませんか?
頭皮ケアを1ヶ月以上続けることで、根元から立ち上がるコシのある髪へと変化してきます!
●洗う アミノ酸系のシャンプー一覧はこちら
●整える 薬が入っていない育毛ミスト「M-1毛髪ミスト」


薄毛女性のための『薄毛スタディ』