最終更新日
育毛剤でカラーやパーマが落ちる!?

トップページ > 年代別の女性薄毛 > 30代の女性薄毛

30代の女性薄毛

30代女性の薄毛は、まだ30代だからともう30代と考える意識の違いで変わってきます。
30代はまだ若いと思っていても、身体の機能の低下を自覚するようになってくるでしょう。

10代、20代では全く気にしていなかった髪についてもハリ・コシがなくなってきたりと頭皮の問題を自覚する人が多くなってきます。
つまり、真剣に抜け毛について気にし始める人が増加する年齢層なのです。
事実、髪の衰えが目に見えて生じてくる年齢が30代からと言われているため、30代での薄毛の衝撃は大きいです。

髪がきれいな人が若くて美人に見えるように、髪は第一印象を大きく左右するため、髪の毛に関する悩みは切実になってきます。
女性は、美容的な面でも20代の頃より悩みが深刻です。
そこで、必要となってくるのがあなた自身の髪と頭皮に効果がある育毛剤や発毛剤はどんなのがあるのかということ、抜け毛・薄毛予防と対策の情報収集と不安要素に対しての最適な育毛方法です。

育毛、発毛などはたくさんお金をつぎ込んだからといって、効果があるとは限りません。
30代で薄毛に悩む女性には、値段が高い、安いよりも自分自身に一番必要な育毛対策を行うことが最も効果的なのです。
「育毛・発毛・抜け毛・フケ・薄毛・髪のハリ・コシ」などのキーワードから「育毛剤」や「育毛シャンプ―」しか思いつかない場合は、知識が不足しています。

30代という年齢は、10代20代のような生活を続けていると一気に髪が薄くなる可能性が高い年齢層です。
そのため、頭皮や髪の毛を最もいたわることが必要なのです。
30代女性で抜け毛や薄毛に不安を持っている人も最近抜け毛が気になり始めた人も最低限の育毛・発毛関係の知識は身につけておきましょう。

<よくあげられる抜け毛・薄毛の不安要素>
・遺伝・・・
一般的に多く考えられるのが遺伝です。父親や祖父が薄毛ならば高確率で薄毛の症状が現れるでしょう。
・ストレス・・・
円形脱毛症や胃潰瘍や十二指腸潰瘍、さらにはうつ病などを引き起こす可能性が高いと言われているのがストレスです。
・生活習慣・・・
女性であれば、美容面でも食生活や衣食住などの環境は注意しておくべきところです。どのような生活環境が薄毛の原因となるかきちんと知っておきましょう。
・外的要因・・・
常時ヘルメットや帽子をかぶらないといけない職業の人やお肌が敏感な人の育毛は、身近なシャンプーなどから変えて行ってみまでょう。育毛剤は合成成分を多量に使用しているものをありますから、注意が必要です。



30代は妊娠・出産・子育てに追われるストレス年代

結婚適齢期と出産年齢が上がる一方の昨今。
一昔前までは20代後半で妊娠・出産が多かったですが、今は30代前半が多くなっています。
さらに専業主婦率も下がっていますから、臨月ギリギリまで働き産休と取り、出産後も働きと、働きながら子育てをする女性が増えているのも現状です。

となってくると当然ストレスが増え、体への負担も大きくなり、薄毛、抜け毛で悩む女性も増えるというわけです。
薄毛や抜け毛は、働き盛りの女性の現代病とも言えるものかもしれません。


薄毛女性のための『薄毛スタディ』