最終更新日
育毛剤でカラーやパーマが落ちる!?

トップページ > 年代別の女性薄毛

年代別の女性薄毛

若い頃から薄毛で悩む女性は少なくありません。
特にアトピーなどの皮膚炎や、薬による副作用などで髪が抜け、10代・20代でも育毛剤を使っている女性は多くいます。
加齢による薄毛であれば「歳相応」と受け止めることができても、20代・30代の薄毛は相当なコンプレックスです。
それ以上薄毛を進行させず、発毛・育毛に効果がある頭皮にやさしいヘアケアを心掛けて下さい。

多くの女性が男性と同等の立場で働けるようになり、今では、ほとんどの女性が若いうちから働き始める傾向が多くみられます。
20代の女性で薄毛の悩みを抱えている人の原因としては、新社会人となり、周りの人間環境が変わってストレスが溜まったり、一人暮らしによる栄養面の偏りや不規則な食生活、無理な労働による睡眠不足、無理なダイエットなど、乱れた生活が頭皮環境を悪化させてしまっていることが考えられます。

30代女性の薄毛は、まだ30代だからともう30代と考える意識の違いで変わってきます。
30代はまだ若いと思っていても、身体の機能の低下を自覚するようになってくるでしょう。

40代女性の薄毛は、頭のてっぺんを中心にあきらかに髪の毛が薄いと分かるような人が多いことでしょう。
特に生え際などは髪の毛の薄さが目立ちます。 40代女性の薄毛の一番の悩みは、「髪にボリュームがない」という感覚ではないでしょうか?

加齢とともにヘアサイクルが変化し、成長期が短く、退行期と休止期がながくなります。
抜け毛の量も増え、髪の毛が細くなったり、髪のハリやコシもなくなり、薄毛やハゲ、白髪の悩みも深刻化します。

若年性脱毛症が増えている今、60代女性で薄毛の薄毛の悩みを抱えているは、2人のうち1人の割合といわれています。
本来、60代など年齢を重ねることで表われる抜け毛や薄毛の症状は、年々低年齢化し、今日では、60代にもなると薄毛の悩みが大分深刻化しているというケースがほとんどです。

一般的に女性は、男性より薄毛になりにくい傾向があります。
しかし、加齢にともなって、身体の機能を衰えますから、髪の毛1本1本が細くなったり、毛髪のハリ・コシがなくなったり、全体的に薄い「びまん性脱毛症」となっていきます。


薄毛女性のための『薄毛スタディ』