最終更新日
育毛剤でカラーやパーマが落ちる!?

トップページ > 年代別の女性薄毛 > 加齢による女性薄毛症

加齢による女性薄毛症

一般的に女性は、男性より薄毛になりにくい傾向があります。

しかし、加齢にともなって、身体の機能を衰えますから、髪の毛1本1本が細くなったり、毛髪のハリ・コシがなくなったり、全体的に薄い「びまん性脱毛症」となっていきます。

男性のように頭頂部だけが急激に薄くなったり、生え際が後退するなどの症状はありませんが、全体的にボリュームがなくなるため、分け目や地肌が見えやすくなります。

加齢による薄毛の原因は、女性ホルモンの分泌量の減少によるものです。

男性の薄毛の原因は、『DHT(ジヒドロテストステロン)』と呼ばれる男性ホルモンによるものが多く、これが増加することによって薄毛が進行します。

女性にも男性ホルモンはありますが、圧倒的に女性ホルモンが多いため、男性より比較的薄毛になりにくいのです。

しかし、加齢とともに女性ホルモンが減少するため、男性ホルモンが優位になり、細毛や抜け毛が増え、薄毛になるのです。

加齢による薄毛は、個人差があるものの誰しもが起こる症状です。
そのため、完全に防ぐということはできませんが、身体の機能の衰え、つまり、老化を遅らせることによって、薄毛の症状を食い止めることはできます。

身体の加齢は、乱れた生活習慣や偏った食生活運動不足によっても進行しますので、毎日の規則正しい生活が大切になってきます。

また、老化の原因となる活性酵素の活発化を抑え、抗酸化成分を積極的に摂取することで、アンチエイジングケアができ、薄毛の予防にも繋がります。

若い頃からの薄毛対策が重要とされているのはこのことからなのです。

だからこそ、薄毛の悩みを抱えている人も薄毛の悩みを抱えていない人も毎日の生活習慣には気を配るようにしましょう。

近年では、様々な薄毛対策用の商品が販売されていますので、まだまだ
大丈夫と思っていても、いつまでも若々しく見られるために、老化と薄毛の予防に心がけてみてください。


薄毛女性のための『薄毛スタディ』